10■上野大仏とパゴダ(うえのだいぶつとパゴダ)

上野公園四番

 正面の丘は、かつて「大仏山」と呼ばれ、丘上にはその名のとおり大きな釈迦如来坐像が安置されていた。最初の大仏は、越後(現、新潟県)村上藩主堀直寄が、寛永八年(一六三一)に造立した二メートル十センチ前後の釈迦如来像であったが、粘土を漆喰で固めたものであったため、正保四年(一六四七)の地震により倒壊してしまった。
 明暦〜万治年間(一六五五〜一六六〇)には、木食僧浄雲が江戸市民からの浄財によって、三メートル六十センチをこえる青銅製の堂々たる釈迦如来坐像を造立した。その後、元禄十一年(一六九八)輪王寺宮公弁法親王が、同像を風雨から覆うための仏殿を建立。天保十二年(一八四一)の火事によって大仏・仏殿ともに被害を受けたが、一年半後の天保十四年には、最初の造立者堀直寄の子孫直央が大仏を修復、幕府が仏殿を再建した。さらに、安政二年(一八五五)の大地震では大仏の頭部が倒壊したものの、間もなく堀家が修復している。
 しかし、明治六年上野公園開設の際に仏殿が取り壊され(年代については他に同九年、同十年の二説あり)、大正十二年の関東大震災では大仏の面部が落下、さらに、第二次世界大戦における金属供出令により大仏の体・脚部を国へ供出したため、面部のみが寛永寺に遣った。寛永寺では、昭和四十七年丘陵上の左手に壁面を設け、ここに「上野大仏」の顔をレリーフ状に奉安した。なお、江戸時代の大仏は、いずれも南に向かって造立され、丘陵の南側には当時の参道(石段)が現存する。
 また、同じく丘陵上の正面にある建物は、「パゴダ」(仏塔のこと)と呼ばれている。上野観光連盟が上野公園の名所のひとつとするために建設したもので、昭和四十二年三月着工、同年六月に完成した。高さ十五メートル、内部には中央に薬師如来、左側に月光菩薩、右側に日光菩薩を安置している。この薬師三尊像は、江戸末期まで東照宮境内にあつた薬師堂の本尊で、明治初期の神仏分離令により寛永寺に移管、さらにパゴダの本尊として迎えられた。