台東区文化ガイドブック・文化探訪
お知らせ 歴史を歩く 文化に学ぶ 風物に遊ぶ 技を知る 街を語り継ぐ 台東区の史跡・名所案内 マップナビ
一葉記念館を詠う

前のページへ

ページ 1 ページ 2 ページ 3
ページ 4
ページ 4

次のページへ

動画を見る

一葉記念館


一葉記念館ホームページへ


台東区立一葉記念館は、樋口一葉がしばらく居を構え、代表作『たけくらべ』の舞台ともなった龍泉寺町に昭和36年(1961)に開館しました。2006年11月に建物も新たに新記念館として公開しています。(台東区竜泉三丁目)

動画を見る

一葉記念館館長に聞く

一葉が愛用とたとされる文机

一葉が愛用したとされる文机(複製・渡辺松太郎作)、原品は日本近代文学館蔵。


龍泉寺の路地から、一葉の声が聞こえます。


2006年11月に新館と成った一葉記念館は、樋口一葉(奈津・夏子)が居を構えた竜泉(下谷龍泉寺町)にあります。外観は大変モダンな構えですが、一階外壁は黒塀様で館内に入れば、温かみのある町家の板壁を模した造りで、一葉が生きていた往時の町家に足を踏み入れたかの思いに至ります。


竜泉の町並みは、今も懐かしい町家や通りの風情を残していて、通りかかった路地から、ふと一葉が小走りに現れてくるかのようです。この竜泉界隈での生活体験が、代表作「たけくらべ」などに色濃く反映されています。

一葉女史たけくらべ記念碑

一葉記念館に面した一葉記念公園には「たけくらべ」の記念碑が立っています。佐佐木信綱の歌二首が刻まれています。

一葉女史たけくらべ記念碑

一葉記念公園

一葉記念公園前には、菊池寛の一葉を称える撰文による記念碑が立っています。記念碑の拓に「菊池寛撰」の文字が見えます。

菊池寛撰の碑

ページトップへ

Copyright (C) Taito City All Rights Reserved

Taito City Culture Guide Book