台東区文化ガイドブック・文化探訪
お知らせ 歴史を歩く 文化に学ぶ 風物に遊ぶ 技を知る 街を語り継ぐ 台東区の史跡・名所案内 マップナビ
東京国立博物館に憩う
書道博物館に聞く
書道博物館に聞く

前のページへ

ページ 1 ページ 2 ページ 3 ページ 4 ページ 5 ページ 6 次のページへ
東京国立博物館に憩う

本館2階6室 武士の装い

白糸威一の谷形兜(しろいとおどしいちのたになりのかぶと)、徳川家康から初代水戸藩主となった子の頼房に伝えられた兜(左)。黒韋素懸威如意頭形兜(くわかわすおどしにょいがしらなりのかぶと)、蝶型、葵葉形ともいわれ、仏具の如意の雲形にも似ている。(右)

黒糸威胴丸具足

黒糸威胴丸具足(くろいとおどしどうまるのぐそく) 江戸時代・17世紀

本館2階10室浮世絵と衣装

現在の本館は、ジョサイア・コンドル設計の旧本館が大正12年(1923)に関東大震災で損壊したため、昭和13年(1938)に渡辺仁設計により再建されました。コンクリート建築に瓦屋根をいただく「帝冠様式」の代表的な建築となっています。本館では、日本の美術、工芸などが展示され、歴史資料なども見ることができます。

本館特集陳列より

小袖 白綸子地流水松藤模様(しろりんずじりゅうすいまつふじもよう)/江戸時代・17世紀

本館2階3室 仏教の美術

金銅火焔宝珠形舎利容器(こんどうかえんほうじゅがたしゃりようき)/鎌倉時代・13世紀

阿弥陀如来座像(あみだにょらいざぞう)/木造・漆箔/平安時代・12世紀

ページトップへ

Copyright (C) Taito City All Rights Reserved

Taito City Culture Guide Book