台東区文化ガイドブック・文化探訪
お知らせ 歴史を歩く 文化に学ぶ 風物に遊ぶ 技を知る 街を語り継ぐ 台東区の史跡・名所案内 マップナビ
旧東京音楽学校奏楽堂を歩く
旧東京音楽学校奏楽堂に聞く
上野奏楽堂に聞く

タイトルページへ

ページ 1 ページ 2 ページ 3 ページ 4

次のページへ

動画を見る

掲載:2008年11月5日
To the website of  Sougakudou of Former Tokyo Music School


旧東京音楽学校奏楽堂は、明治23年(1890)に日本で初めての音楽専用のオーディトリウム(演奏会場)として建立されました。東京音楽学校(現東京藝術大学音楽学部)の施設だった奏楽堂は、昭和62年に台東区の手で現在の地に移築保存され、重要文化財に指定されています。様々な音楽に関わる催しと共に一般公開もしています。(台東区上野公園8-43)


旧東京音楽学校奏楽堂は、平成25年(2013)4月1日より建物保全のため、休館しています。


上野奏楽堂のページへ
旧東京音楽学校奏楽堂のページへ

上野奏楽堂(旧東京音楽学校奏楽堂)正面

旧東京音楽学校奏楽堂
旧東京音楽学校奏楽堂は、日本の近代化への黎明期とも言える時代、明治23年(1890)に日本初のオーディトリウム(演奏会場)として建てられました。永らくの年月を経て破損も大きく、解体取り壊しの意見や愛知県犬山市にある明治村への移転話もある中、日本の近代音楽発祥の地としての上野に残す運動によって、上野公園内に移設されました。その外観や室内からは、その永き歴史がしのばれます。

奏楽堂は、上野公園内の東京国立博物館や東京都美術館、そして東京藝術大学に隣接する閑静な地にあります。明治の風情を残した木造の建物は明治のロマンと共に懐かしさがよみがえります。

奏楽堂前には、同郷の彫刻家朝倉文夫の手による瀧廉太郎像が置かれています。瀧は「荒城の月」を作曲し、23歳の若さで夭折しました。郷里の大分県竹田市の岡城趾にも同じ像が置かれています。

奏楽堂正面の大屋根には、西洋と東洋の調和を象徴とした「ハープ」と「笙(しょう)の笛」、そして中央には大太鼓が配されたバロック様式の切妻飾りがあります。

ページトップへ

Copyright (C) Taito City All Rights Reserved

Taito City Culture Guide Book