台東区の名所

台東区は、東京都23区のひとつとしてそのほぼ中心にあり、西には上野の山、東には隅田川が位置しています。上野の山には寛永2年(1625)に天台宗の僧天海により東叡山寛永寺が開かれ、隅田川に接して金龍山浅草寺が配されていて板東三十三ヶ所の霊場のひとつともなっています。江戸時代のいわゆる元禄文化の町民の町として栄え、上野の山では東京国立博物館を初めとして様々な博物館や美術館が所在し、芸術や文化が花開く地区となっています。台東区の面積は、23区で最も狭く約10.11平方キロメートル、人口は約19万人です。(2016年5月現在)

金龍山浅草寺

台東区浅草2丁目3-1

浅草寺の始まりは、推古天皇の36年(628)3月18日、漁師の檜前浜成(ひのくまはまなり)、竹成(たけなり)兄弟が、隅田川で聖観音像を網にかけ、それを郷司にあたる土師中知(はじのなかとも)が、自宅を寺に改めて安置し、礼拝供養をしたことに由来するとされています。浅草寺は焼失と再建を繰り返し、近年では、昭和20年(1945)の東京大空襲によってほとんどが焼失しました。しかし、伝法院、時の鐘、二天門、浅草神社などは戦災を免れています。浅草寺周辺は娯楽・歓楽街としての歴史も古く、その魅力については、多くの文学作品でも語られています。
 
最寄り駅
東京メトロ浅草線、 銀座線浅草駅
 

文化探訪「浅草寺に詣でる」をご覧下さい。

待乳山本龍院

台東区浅草7丁目4-1

待乳山聖天(まつちやましょうでん)は、金龍山浅草寺の支院で正しくは、待乳山本龍院と言います。かつての竹屋の渡しにほど近い小丘で、江戸時代には東都随一の眺望の名所と称され、多くの浮世絵や詩歌などの題材となっています。葛飾北斎も、待乳山聖天の紅葉を題材に「待乳山紅葉」(1801-1806頃)を描いています。

最寄り駅
東京メトロ浅草線、銀座線浅草駅


護国山天王寺

台東区谷中7丁目14-8

長耀山感応寺は、元禄12年(1699)幕府の命令で天台宗に改宗し、天保4年(1833)に天王寺と改めました。境内の五重塔は、幸田露伴の小説、「五重塔」で知られていますが、昭和32年(1957)7月6日に焼失し、跡地が都指定史跡として残っています。現在、境内は史跡や桜の名所として多くの人が訪れています。
 
最寄り駅
JR山手線日暮里駅


東叡山寛永寺

台東区上野桜木1丁目

上野寛永寺(天台宗東叡山寛永寺)は、天海僧正(慈眼大師)の進言により、江戸城の艮(うしとら、北東)の鬼門の守として、寛永2年(1625)に本坊が落成しました。東叡山は東の比叡山を意味し、寛永年間に創建時の年号によって寛永寺の勅号を与えられています。上野寛永寺は、将軍家の墓を芝増上寺と二分して菩提寺として成り、上野の山一帯に本坊円頓院を初めとして諸堂、子院がありましたが、慶応4年(1868)の東征軍と彰義隊による、いわゆる上野戦争時に、その多くが焼失しました。現在の根本中堂は、明治12年に川越喜多院本地堂を移築したものです。
最寄り駅
JR山手線上野駅、京成電鉄上野駅

旧東京音楽学校奏楽堂

台東区上野公園8-43

旧東京音楽学校奏楽堂は、明治23年(1890)に日本で初めての音楽専用のオーディトリウム(演奏会場)として建立されました。東京音楽学校(現東京藝術大学音楽学部)の施設だった奏楽堂は、昭和62年に台東区の手で現在の地に移築保存され、重要文化財に指定されています。様々な音楽に関わる催しと共に一般公開もしています。
 
台東区立旧東京音楽学校奏楽堂は、保存活用工事のため休館しています。2018(平成30)年度開館予定です。「木曜コンサート」は、会場を台東区生涯学習センターに移して開催しています。
 
最寄り駅
JR山手線上野駅、 京成電鉄上野駅
 

旧岩崎邸庭園

台東区池之端1丁目3-45

旧岩崎邸は、明治29年(1896)に三菱創設者岩崎家の本邸として創建されました。建築家コンドルによって設計された洋館は、17世紀の英国ジャコビアン様式を基調としてルネサンスやイスラム様も採り入れた西洋木造建築です。洋館に続いて和館の一部も残されていて、明治時代の近代化に向けてひた走る往時の勢い盛んな財閥の壮大な邸宅の面影が今も残っています。
 
最寄り駅
JR山手線上野駅、京成電鉄上野駅
東京メトロ千代田線湯島駅


台東区立朝倉彫塑館

台東区谷中7丁目18-10

朝倉彫塑館は、彫塑家朝倉文夫が昭和10年から昭和39年までの29年間、アトリエ兼自宅として使用していた建物を美術館として公開しています。平成13年(2001)には国の登録有形文化財に、平成20年(2008)には「旧朝倉文夫氏庭園」として国の名勝に指定されています。朝倉文夫は大分県に生れ、多くの彫塑作品を残しています。昭和42年に故人の遺志として、自宅が朝倉彫塑館として公開され、同61年に台東区に移管され、台東区立朝倉彫塑館となりました。代表作「墓守」の石膏原型は、重要文化財です。
 
最寄り駅
JR山手線鶯谷駅
東京メトロ千代田線千駄木駅
 

台東区立一葉記念館

台東区竜泉3丁目18-4

台東区立一葉記念館は、樋口一葉がしばらく居を構え、代表作『たけくらべ』の舞台ともなった龍泉寺町に昭和36年(1961)に開館しました。平成18年(2006)11月に建物も新たに新記念館として公開しています。
 
最寄り駅
東京メトロ日比谷線三ノ輪駅


台東区立書道博物館

台東区根岸2丁目10-4

台東区立書道博物館は、洋画家であり書家でもあった中村不折がその半生40年あまりにわたり独力で蒐集した、中国および日本の書道史研究上重要なコレクションを有する専門博物館です。書道博物館は、開館以来60年にわたって中村家により維持・保存されてきましたが、平成7年(1995)12月に台東区に寄贈されました。そして平成12年(2000)4月に台東区立書道博物館として再開館しました。既存の建物であった本館と、寄贈後に新たに建設された中村不折記念館から成っています。同館は中村不折旧宅として、東京都指定史跡に指定されています。
 
最寄り駅
JR山手線鶯谷駅


池波正太郎記念文庫

台東区西浅草3丁目25-16
台東区生涯学習センター1階・台東区立中央図書館内

池波正太郎記念文庫は、「錯乱」で直木賞を受賞し、また上野・浅草を故郷として、江戸の下町を舞台にした「鬼平犯科帳」などの数々の時代小説を著した池波正太郎を記念して平成13年(2001)9月26日に開設しました。書斎(復元)や著作、自筆原稿の他、自筆絵画等を常時展示しています。また、時代小説の書架を設けて、戦前の貴重本から現代の人気作品までを収集し、公開しています。

最寄り駅
東京メトロ日比谷線入谷駅
つくばエクスプレス浅草駅


台東区立下町風俗資料館

台東区上野公園2-1

台東区立下町風俗資料館では、関東大震災前のいまだ古き良き江戸の風情をとどめた東京の下町の路地に囲まれた長屋、商家の家並みなどを再現しています。また台東区を中心とした地域にゆかりの資料や生活道具や玩具、年中行事に関連したものを展示しており、四季折々の下町の風情と暮らしを体感できます。
 
最寄り駅
JR山手線上野駅、京成電鉄上野駅
 

for Mobile Phone

台東区文化ガイドブック・文化探訪 携帯版